スルスル酵素は、酵素の力によって消化を助けて美肌・便秘解消・代謝促進などの効果が期待できる美容系のサプリメントです。
医薬品ではないので即効性は望めませんが、副作用がなく安心して飲むことができると評判です。

 

しかしながら、スルスル酵素を飲んで吐き気がするという口コミを目にしたこともあります。副作用がないと言われているスルスル酵素を飲んで、どうして吐き気を感じることがあるのでしょうか?その理由をリサーチしていこうと思います!

 

【スルスル酵素を飲んで吐き気。考えられる2つの理由】

それではスルスル酵素を飲んで吐き気がする、2つの理由をご紹介していきます。一緒に確認していきましょう。

 

理由1. 身体に合わない

どんなに効果が高いとされる医薬品でも、身体に合わなくて、飲むと吐き気や発疹を伴う場合があります。

 

原材料の中に、自分がアレルギーを引き起こしてしまう成分が含まれていることもありますからね。

 

この場合は、スルスル酵素が身体によくないのではなく、たまたまあなたの体質に合わなかったために、吐き気を引き起こしてしまったのだと考えましょう。
ですから、吐き気や体調に違和感を覚えたら、すぐに飲むのを止めてください。
どんなに良い商品でも、身体に合わないことはあります。

 

理由2. 好転反応

スルスル酵素の中にたっぷりと含まれている酵素は、体内の毒素を排出する効果が期待できます。ですから、酵素を体内に入れることによって、毒素が出やすくなるのです。
その時に身体が感じる反応として「好転反応」が起きます。身体に負担がかかっているということではなく、身体が良い方向に変化しているという表れです。
好転反応によって吐き気が出てしまっても、ずっと続くものではありません。身体が慣れて来ると、自然と好転反応も和らいでくるのです。しかしながら、吐き気を感じるといつものような生活を送るのがツライですよね。
そこで、好転反応による吐き気でも、ひどい場合はスルスル酵素の量を控えるか、一旦中止してみましょう。そうすれば、吐き気も改善されるかもしれません。
日々の生活を元気に送ることが一番ですから、体調に合わせてスルスル酵素の量も調整していくことが大切です。

いかがでしたか?今回は【スルスル酵素と吐き気】というテーマでお送りしました。吐き気を引き起こす原因が分かれば、きちんと対処することができます。
アレルギーなどで単に身体に合わないのか、毒素が急激に排出されることによる好転反応なのかを見極める努力をしてください。

そして、体調回復が見込めない場合には、医師の診察を受けましょう。けれども、吐き気が起こるのは珍しいことです。
是非、安心してスルスル酵素を毎日の生活に取り入れてみてくださいね!